HOME > 相川院長のお悩み解決コラム > 健康情報 > 花粉症予防を考える

相川院長のお悩み解決コラム

< 歯肉炎などに効くツボ  |  一覧へ戻る  |  今が見ごろの「梅」の効能とは >

花粉症予防を考える

皆さんお久しぶりです。からだデザイン薬舗の相川です。
 
まだまだ寒い日もあるとはいえ、少し寒さが和らいできたよう
がします。
 
このように暖かくなってくるとになるのが花粉ではないで
しょうか。
 
本格的な花粉シーズンになる前に、食事などで体質改善を
して少しでも症状が酷くならないようにしたいところです。
 
今回は花粉症予防について解説をしていこうと思います。

もくじ
花粉症とは
東洋医学からみた花粉症
花粉症と漢方
身体の内側からも改善が必要
改善方法
まとめ

 
 
花粉症とは
今更解説をする必要はないかもしれませんが、簡単にまとめて
みましょう。
 
花粉症は季節性アレルギー性鼻炎ともいわれます。
つまり、決まった季節に起こるアレルギー症状といえます。
 
スギやヒノキなどの植物の花粉が飛散することで目や鼻などに
花粉がつきます。
 
花粉症の人は花粉を異物(アレルゲン)とみなし、何とかして
身体の外に排出して異物を体内に入れないようにします。
 
その時の反応がくしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙などの症状です。
 
 
 
東洋医学からみた花粉症
東洋医学には当然「花粉症」という概念はありません。
外邪が身体に侵入したり、身体のバランスが崩れてアレルギー症状
が出ると考えています。
 
大きく分けると

・風邪がベースとなって寒邪や熱邪が侵入してアレルギー症状が出ている場合
・肺虚、脾虚、腎虚など身体が弱ったり抵抗力が落ちて症状が出ている場合
が考えられます。

花粉、埃、ウイルスなどは風邪という外邪に分類されます。
花粉症の多くはこれら風邪に寒邪(冷え)や熱邪(炎症)など
が合併して引き起こされるものです。

 
そのため、これらの外邪を身体の外に追い出さないといけません。
 
 
 
花粉症と漢方
花粉症に使用する漢方の代表格は「小青竜湯」です。
ただし、何でもかんでも小青竜湯でOKというわけでは
ありません。
 
小青竜湯は風寒の邪が関係する花粉症には良く効きます。
例えば、透明な鼻水がよく出て少し鼻が詰まるような花粉症
です。
 
しかし、口が渇く、のどが痛む、舌が赤い、目の充血など
がみられる時は用いない方が良いとされます。
 
このように花粉症=小青竜湯という考えで安易に使用すると、
場合によっては変わらないか悪化することもあります。

使用するときには専門家などに症状を相談するように
しましょう。
 
 
 
身体の内側からも改善が必要
上でも述べたように、花粉症は外邪が侵入することで症状が
出ることもあれば、身体が弱って出ることもあります。
 
花粉症でマスクをしたり薬を飲むことも場合によっては必要
ですが、自分の身体を整えることも重要です。
 
花粉症になる人ならない人、ひどい症状が出る人そうでも
ない人というように、症状の出方や程度は様々です。
 
それは個人の体質や抵抗力、環境などが係わっているからです。
 
 
 
改善方法
「食事や睡眠など生活リズムを整える」「周りの環境にも注意する」
ということが重要になります。
 
・食事や睡眠など生活リズムを整える意味
同じような環境で暮らしていても、花粉症になる人とならない人が
います。
 
遺伝などの影響もあるでしょうが、多くは味が濃く高カロリー
な食事、睡眠不足、不規則な生活リズム、ストレスなどが症状を
悪化させています。

 
生活習慣が乱れている方は、まずはこれらを改善することから
始めましょう。

 
薬膳の考えでは「」が不足すると免疫力が低下してアレルギー
症状が出やすくなると考えるため、を補う豆類、きのこ類、
イモ類
を積極的に食べるようにしましょう。
 
鼻水がたくさん出る時は、身体を温め発散させるネギ、ショウガ、
玉ねぎ
なども良いです。
 
粘りのある鼻水や鼻詰まり、のどの痒みなどにはミントや
緑茶
など、目の炎症にはカモミールや菊花などがおススメです。
 
・周りの環境にも注意する意味
花粉症は花粉の多さだけが影響するわけではありません。
 
ガスなどの大汚染があるところでは、スギなどが多い
山村よりも都市部の方が花粉症の方が多い
というデータも
あります。
 
これは大汚染がある場所では花粉を排除するためにIgE
抗体を増やすため、より反応が強く出ていると考えられます。
 
 
 
まとめ
いかがだったでしょうか。
花粉症も体質や周りの環境に影響されることがわかったと
思います。
 
住環境や職場の環境などはすぐに変えることはできませんが、
食事や睡眠、運動などはある程度対応する事ができます。
 
その都度マスクをしたり薬を飲むだけではなく、身体の
内側からも変える意識を持つことが重要です。
 
本格的に花粉シーズンが始まる前に、少しずつでも対処して
いくようにしてみましょう!

カテゴリ:

< 歯肉炎などに効くツボ  |  一覧へ戻る  |  今が見ごろの「梅」の効能とは >

同じカテゴリの記事

2018/03/13健康情報東洋医学

今が見ごろの「梅」の効能とは

皆さんこんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。 最近はどこも梅の花が満…


2017/12/09健康情報東洋医学

歯肉炎などに効くツボ

皆さんこんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。   今回は歯…


2017/11/30健康情報鍼灸

急な鼻炎などに使えるツボ

皆さんこんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。   最近は寒…


2017/11/13健康情報

「ヘパリン類似物質」での美容について

皆さんこんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。   皆さんは…


2017/10/21健康情報漢方

片頭痛と漢方

皆さんこんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。   先日患者…


このページのトップへ