HOME > 相川院長のお悩み解決コラム > 健康情報 > 急な鼻炎などに使えるツボ

相川院長のお悩み解決コラム

< 「ヘパリン類似物質」での美容について  |  一覧へ戻る  |  歯肉炎などに効くツボ >

急な鼻炎などに使えるツボ

皆さんこんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。
 
最近は寒い日や朝晩の寒暖の差が激しいからか、風邪を引いたり
急性鼻炎に悩む方が増えてきているようです。
 
一般的には鼻炎や風邪では、市販薬や病院に行って対処する方が
多いと思います。
 
しかし、なかなか忙しくて病院に行けない方や市販薬をあまり
使いたくない方もいると思います。
 
今回は急に起こる鼻炎や鼻水などに使えるツボについて解説を
していこうと思います。

 もくじ
中医学からみた急な鼻炎
鼻炎によく使われるツボ
まとめ

 
 

中医学からみた急な鼻炎
中医学では急性鼻炎は傷風鼻塞、アレルギー性鼻炎は鼻鼽(びきゅう)
などと呼ばれます。
 
急性鼻炎の症状は主に鼻詰まりで、鼻水、くしゃみなどを伴います。
 
アレルギー性鼻炎の主な症状は透明な鼻水、鼻詰まり、鼻のむずがゆさ、
くしゃみなどです。
 
中医学ではアレルギー性鼻炎などの原因は主に4つ考えられます。
急性鼻炎の原因は①のみです。


①風邪の侵入
中医学では外邪(六淫)という考え方があります。
 
外邪は風、暑、湿、燥、熱(火)、寒があり、鼻炎は主に風、寒、熱
の邪が関係します。
 
風邪は今でいうウイルス、細菌、埃、花粉などが含まれる
概念です。その風邪に寒や熱が加わり鼻炎を引き起こします。
 
風寒の邪では薄い鼻水、鼻詰まりくしゃみ、悪寒、発熱などで、
風熱の邪では黄色い鼻水、鼻のかゆみ・熱感、発熱、頭痛、のどの
痛みなどが出てきます。
 


②肺
肺は現代の免疫力に該当する衛(えき)と関係が深い臓腑です。
肺の機能が弱ると風寒の邪が容易に侵入して鼻症状が現れます。
 
 

脾は消化器や消化・吸収の働きと関係が深い臓腑です。
 
脾は直接鼻と関連するわけではないですが、脾と肺は母子の関係
にあり、脾が長期に弱まると肺も影響を受けて弱ってしまいます。
 
臨床でも子供などに多いですが、体力がない、食が細い、疲れやすい、
顔色が青白いなどの脾虚の症状が鼻炎に伴ってみられることが
あります。
 
 
腎虚
肺は呼を主り、腎は納を主るといわれています。
 
腎が弱るとが下に降れずに上に浮いてしまい、陽を消耗して
しまうとされています。
 
が減ることで風寒の邪が侵入して鼻症状が出てきます。
 
 
 
鼻炎によく使われるツボ
鼻通穴(びつうけつ)
呼吸器などの疾患に使われる特効穴です。鼻の疾患に良く効きます。
鼻唇溝(ほうれい線のこと)の上方末端にあるツボです。
 
山根穴(さんこんけつ)
鼻通穴とほぼ同じ効果の特効穴です。両眼内角と鼻根部を結んだ線の中央にあります。
 
迎香(げいこう)
鼻孔のすぐ脇にあるツボで、鼻の疾患などに使用されます。
 
印堂(いんどう)
眉間の中央にあるツボです。アレルギー性鼻炎や目の疾患などに使用します。
 
大椎(だいつい)
カゼ、解熱、アレルギー性鼻炎などに使用します。
頸椎を下になぞっていくとポコッと突き出た骨の下の凹みにあるツボです。
 
合谷(ごうこく)
に関係するツボで、のど、目、鼻、頭など諸症状に効果があります。
親指と人差し指の骨が合流するところにツボがあります。
 
 
 
まとめ
いかがだったでしょうか。
 
鼻炎はひどくなると呼吸のしづらさや睡眠など、日常生活に影響を
与えることがあります。

そんな時に手軽に使えるのがツボ押しです。

ツボを押したりさすったりして刺激を与えることで、症状を
和らげることができます。
 
賢くツボを使うことで健康な生活を手に入れましょう。

カテゴリ:

< 「ヘパリン類似物質」での美容について  |  一覧へ戻る  |  歯肉炎などに効くツボ >

同じカテゴリの記事

2017/12/09健康情報東洋医学

歯肉炎などに効くツボ

皆さんこんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。   今回は歯…


2017/11/13健康情報

「ヘパリン類似物質」での美容について

皆さんこんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。   皆さんは…


2017/10/21健康情報漢方

片頭痛と漢方

皆さんこんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。   先日患者…


2017/10/13健康情報薬膳

これから旬を迎える「小豆」とは

こんにちは。からだデザイン薬舗の相川です。   皆さんは本日1…


2017/10/04健康情報

「牛乳を飲めば骨は強くなる」は本当か

記事の更新が久しぶりになってしまいました。からだデザイン薬舗の相川です。…


このページのトップへ